フード・ドリンク通販


-天気予報コム-




SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES














OTHERS

寺内大輔の日記

寺内大輔のサイトに戻るには、画面左の、「寺内大輔のページに戻る」をクリックしてください。
新年のご挨拶2019
明けましておめでとうございます。
本年も,どうぞよろしくお願いいたします。


2018年は,災い多き一年でした。

6月には寺内が虫垂炎で入院,退院後すぐに豪雨災害で自宅が浸水,三宅は1年で骨折1捻挫3で現在も通院中,さらに,現在,三宅・寺内がふたりとも咳喘息の治療中です。

しかし,音楽活動は例年と変わらず充実した1年でした。なかでも,全国大学音楽教育学会九州地区学会での基調講演(寺内),国立国際美術館でのパフォーマンス,CD「佛慧―信楽峻麿 信心の歌」の監修(作詩:信楽峻麿,作曲:富田和代,演奏:二階堂和美・黒瀬みどり,企画:安楽寺),日本音楽即興学会の大会運営(寺内・三宅)は,とりわけ大きな出来事でした。

私生活においては,家の一室の壁紙を大きく変えました。
あっという間の1年でした。

2019年は,災厄を退け,適度な休息を伴う素晴らしい年にしたいと思います。



************************
2018年の回顧

1月
・コロキウム:文部科学省委託 教員の養成・採用・研修の一体的改革推進事業「教科教育モデルコアカリキュラムの策定事業」報告会(報告:和田治子,藤本匡顕,重森栄理,伊野義博,森保尚美,権藤敦子,寺内大輔,広島大学,広島)
・ワークショップ:即興ワークショップ&フリーセッション「インプロBAR Vol.11」(カフェ・テアトロ・アビエルト,広島)

2月
・日帰り登山:弥山(広島県)
・パフォーマンス(4月まで数回):アローラ&カルサディーラの《Lifespan》(2014),国立国際美術館開館 40 周年記念展 「トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」(国立国際美術館,大阪)

3月
・教材開発:「パートナーソングをみつけよう」(制作:長山弘・福田麟太朗・吉優葵・住田新太郎・寺内大輔,http://home.hiroshima-u.ac.jp/terauchi/partnersong/)
・論文発表:「聴衆からの要望をリアルタイムで可視化するシステムを用いた即興演奏におけるコミュニケーションに関する一考察―「即興に即興でオーダーする II」の実践を手がかりに」『JASMIMジャーナル』Vol. 2, 日本音楽即興学会
・報告書発表:『文部科学省委託 教員の養成・採用・研修の一体的改革推進事業「教科教育モデルコアカリキュラムの策定事業」報告書』(共著:木原成一郎ほか59名)
・報告書発表:「広島県にローカライズした小学校教員の養成・採用・研修の一体化に向けた研究−地域拠点としての広島県小学校教員養成コンソーシアムの設立に向けて−」(共著:権藤敦子ほか20名)

4月
・審査:第51回カワイ音楽コンクール カワイピアノコンクール (審査:濱本恵康,末永雅子,大屋恭代,寺内大輔,ゲバントホール,広島)
・演奏:「サウンド・アートの即興的対話―ヨハネス・シスターマンス Johannes S. Sistermanns 来日公演」(出演:ヨハネス・シスターマンス,寺内大輔,三宅珠穂,石上加寿也,神戸市立海外移住と文化の交流センター,神戸)
・共著書出版:「初等音楽科教育 (MINERVAはじめて学ぶ教科教育)」笹野恵理子監修,ミネルヴァ書房
・野呂山(広島)でランチ,たまたま山開きの日だった。

5月
・プレゼンテーション:“OTO” Kyoto Audible Research(MTRL KYOTO 京都市)
・痔を患う。一週間で治る。
・アヲハタ(広島)ジャムデッキ見学とジャムづくり体験
・オタフク(広島)工場見学とお好み焼き作り体験
・企画:ワークショップ「Creative Music Improvisation」(講師:カール・ベアストレム・ニールセン(CARL BERGSTRØM-NIELSEN),通訳:冨村憲貴,広島大学,広島)

6月
・大会実行委員:日本音楽表現学会第16回(折り鶴)大会(広島文化学園大学,広島)
・入院9日間:虫垂炎で入院。手術はせず(中国労災病院,広島)。

7月
・ワークショップ:即興ワークショップ&フリーセッション「インプロBAR in the Dark」(共同ファシリテート:三宅珠穂,カフェ・テアトロ・アビエルト,広島)
・豪雨災害:身体は無事,家族も無事,車も無事,ピアノも無事,しかし自宅が40センチ浸水。1階の倉庫に置いてあったものがダメになった(最大の被害は狩野常信の屏風)。しばらく交通網遮断,携帯電話の電波遮断,固定電話不通,これらが復旧した後も断水生活が続く。その間,海上自衛隊最大の護衛艦「かが」で入浴するという珍しい体験もする。

8月
・豪雨災害で休講になった授業の補講ラッシュ
・ワークショップ:H30年度専門研修講座(音楽科)「楽しもう!はじめての音楽づくり(創作)の授業づくり」(広島県教育センター,広島)

9月
・基調講演「これからの音楽教育―日常と非日常のあいだに着目して―」(全国大学音楽教育学会九州地区学会,熊本)
・オーガナイズ・運営:「CMF,クリエイティヴ・ミュージック・フェスティバル2018」(Social Kitchen,京都)
・レクチャー:「音符を使わない作曲」(Social Kitchen,京都)
・家の一室の壁紙を変える,階段の手すりを新しくする
・即興演奏「エンリコ ベルテッリ & 加藤和也 - 打楽器・即興・サックスコンサート」(共演:エンリコ ベルテッリ,加藤和也,川上統)(ギャラリー交差611・intersection 611(石河や),広島)
・企画:レクチャーとフリートーク「新しいテクノロジーを使った音楽教育の可能性」(講師:エンリコ・ベルテッリ(Enrico Bertelli),広島大学,広島)
・CD監修:「佛慧―信楽峻麿 信心の歌」(演奏:二階堂和美・黒瀬みどり,作詩:信楽峻麿,作曲:富田和代,録音:藤井寿典,デザイン:山本夢子,監修:寺内大輔・三宅珠穂,特別寄稿:釈徹宗,企画:安楽寺)
・審査:「第37回入船山記念館塔時計旋律募集」(入船山記念館,広島,12月まで)

10月
・研究発表:日本音楽教育学会「音楽表現を工夫するためのリテラシー習得を目指した授業の開発―コンピュータの歌唱表現を工夫する活動を手がかりに」(共同発表者:長山弘,岡山大学,岡山)
・即興演奏「長沢哲 Live Tour 2018」(共演:長沢哲,大槻オサム,三宅珠穂,カフェ・テアトロ・アビエルト,広島)
・運転免許証がゴールドになる
・講評:第65回呉市小学校連合音楽会,小学校の部(呉市文化ホール,広島)

11月
・シンポジウム:「詩(うた)の持つ身体性」(登壇:福田知子,寺内大輔,松岡恭子,コーディネート:高谷和幸)「言の葉の八衢」(姫路文学館,姫路)
・パフォーマンス:「言の葉の八衢」(共演:三宅珠穂,姫路文学館,姫路)
・作品発表(再演):「耳の音楽」(2003年作品),演奏:落晃子『コミュニケーションワークショップ〜身のまわりの環境に気づき、身近なものを使った表現をこころみる〜』,京都精華大学,京都
・風邪をこじらせて1週間寝込む

12月
・大会実行委員長:日本音楽即興学会第10回大会(エリザベト音楽大学,広島)
・シンポジウムの司会進行:「現代音楽における即興」(登壇:ジョン・コール,川上統,川島素晴,日本音楽即興学会第10回大会,エリザベト音楽大学,広島)
・ワークショップ:「おんがく探検隊」(共同ファシリテート:三宅珠穂,長山弘,広島市映像文化ライブラリー,広島)
・紀要論文発表:「教員養成課程における「教科に関する専門的事項(音楽)」に関する一考察」(共著:長山弘,寺内大輔,権藤敦子),広島大学大学院教育学研究科紀要, 第67号

**********************
| 日々の出来事 | 23:40 | - | - |
新年のご挨拶2018
明けましておめでとうございます。
本年も,どうぞよろしくお願いいたします。


2017年の回顧

1月
・研究発表:初等教育カリキュラム学会「変則チューニングによるギター伴奏の可能性」(共同発表:寺内大輔・明道春奈,広島大学,広島)
・研究発表(ポスター):初等教育カリキュラム学会「多様性と協働を保障する授業の開発―インクルーシブな視点による音楽活動を中心に―」(共同発表:圓城寺佐知子・盒極勝ζC羹喙・竹林地毅・権藤敦子・寺内大輔,広島大学,広島)

2月
・観光旅行:島根〜兵庫,日本海ドライブ

3月
・ワークショップ:「おんがく探検隊」(共同ファシリテート:三宅珠穂,広島市映像文化ライブラリー,広島)
・作曲作品初演:第36回全日本少年少女合唱祭全国大会「広島大会」全体合唱曲「命の手紙」(松永天馬作詞,広島国際会議場「フェニックスホール」,広島)
・企画と演奏:即興演奏「ソロパフォーマンスと即興セッション「ブエノスアイレスから来た人」」(共演:Guido Kohn,吉優葵,川北博文,三宅珠穂,Cafe'BLEU,広島)
・紀要論文発表:「多様性と協働を保障する授業の開発―インクルーシブな視点による音楽活動を中心に―」(共著:圓城寺佐知子・盒極勝γ殞喘狼・権藤敦子・寺内大輔,共同研究者:森保尚美・藤中俊樹)広島大学学部・附属学校共同研究機構研究紀要, 第45号
・論文発表:「ジョン・ゾーン《コブラ》を学習材とした活動にはどのような学びが埋め込まれているか―学級担任の視点による検討」(共著:寺内大輔・谷本由貴美),『初等教育カリキュラム研究』6号,初等教育カリキュラム学会

4月
・エッセイ発表:「ギャラ交渉」呉市音楽家協会ニューズレター

5月
特になし

6月
・審査:「第34回中国ユース音楽コンクール《ピアノ部門》予選」(福山リーデンローズ,福山)

7月
・ワークショップ:土曜特別セミナー「小学校音楽科における表現指導の工夫−音楽づくり活動を通して学ぶ楽器−」(広島市教育センター,広島)
・研究授業:ノートルダム清心女子大学附属小学校5学年「一人ひとりの「得意な表現」,「やってみたい表現」を活かして表現をしよう」
・学会出席:APSMER(The Asia-Pacific Symposium for Music Education Research)2017,マラッカ
・演奏:即興演奏「Serious Play Improv Lab (SPIL 035)」(共演:Kok Siew-Wai, Yong Yandsen, Sudarshan Chandra Kumar, Tamaho Miyake,RAW Art Space,クアラルンプール)
・演奏:即興演奏「ExperimentAsia New Music Series 04」(共演: Yong Yandsen, Yii Kah Hoe, Tamaho Miyake,Live Fact,クアラルンプール)

8月
・企画:レクチャー「STEAM-powered music」講師:Enrico Bertelli,(広島大学,広島)
・楽譜出版:「三人姉妹―ヴァイオリン,ギター,ピアノのために」(Trio Ku委嘱作品,Verlag Neue Musik,ベルリン)

9月
・作品発表(再演):「耳の音楽」(2003年作品),演奏:池田萠『ナゴヤ作曲フェス』,中川文化小劇場,名古屋
・演奏:「音曲まいまい@加計」(共演:丸町年和,草川啓介,後白早智子,中野千春,三宅珠穂,常禅寺,広島)
・オーガナイズ・運営:「CMF,クリエイティヴ・ミュージック・フェスティバル2017」(Social Kitchen,京都)
・演奏:「耳の音楽」(2003年作品,再演),即興演奏「CMF,クリエイティヴ・ミュージック・フェスティバル2017コンサート―ものおと―」(Social Kitchen,京都)
・審査:「第36回入船山記念館塔時計旋律募集」(入船山記念館,広島,12月まで)

10月
・作品発表(再演):「命の手紙」(2017年作品,作詞:松永天馬),みよしKIRIRI児童合唱団定期演奏会,(三次市民ホール,広島)
・講評:第64回呉市小学校連合音楽会,小学校の部(呉市文化ホール,広島)
・研究発表:日本音楽教育学会「即興的表現活動のための学習材の開発―客席から演奏者へ意思表示できるシステムを活用して」(愛知教育大学,愛知)
・企画:ワークショップ「フォークダンス・ワークショップ」講師:田村久(広島大学,広島)

11月
・論文発表:「ジョン・ゾーン《コブラ》はどのような〈ゲーム〉なのか−奏者間のやり取りに着目した検討−」,『音楽表現学』Vol.15,日本音楽表現学会

12月
・ラウンドテーブル企画:日本音楽即興学会「即興演奏が関係するカードゲームを作りたい」(京都精華大学,京都)
・研究発表:第39回広島県音楽教育研究協議会研究発表会「変則チューニングによるギター伴奏の可能性」(内容の一部に明道春奈との共同研究を含む,エリザベト音楽大学,広島)
・ワークショップ:「口琴やろうぜ!」(YYYおとな塾,広島)
・紀要論文発表:「表現活動のための学習材《ステージ》を用いた授業の開発―小学校における2つの授業実践の振り返りをとおして―」(共著:寺内大輔,甫出頼之,広島大学大学院教育学研究科紀要, 第66号
・紀要論文発表:「初等教員養成における鍵盤楽器学習の支援」(共著:長山弘,寺内大輔,権藤敦子,田中香月),広島大学大学院教育学研究科紀要, 第66号
・父の知人から中古車を購入,トヨタ,アクア
・年末,風邪をこじらせて寝込む。現在(元日)もまだ復活できず。

**********************
2018年もがんばります。
どうぞよろしくお願いいたします。


| 日々の出来事 | 15:38 | - | - |
ソロパフォーマンスと即興セッション「ブエノスアイレスから来た人」
来る3月21日,呉市広のCafe'BLEUで,小さなコンサートをすることになりました。
よろしければ,いらしてください。

************************************
ソロパフォーマンスと即興セッション
 「ブエノスアイレスから来た人」

日時 2017年3月21日(火)18:30開演
会場 Cafe'BLEU(呉市広古新開2-7-8)
入場料 2000円(1ドリンク付)
ブエノスアイレスの音楽家 ギド・コーン(Guido Kohn),Cafe'BLEUに登場!
ソロパフォーマンスと,即興セッションを行います。

出演
Guido Kohn(チェロ)
吉 優葵(ダンス)
川北 博文(コントラバス)
三宅 珠穂(ピアノ,テルミン)
寺内 大輔(リコーダー,声,他)

お問い合せ:tamahoあっとマーくhi-ho.ne.jp(三宅)
************************************

http://dterauchi.com/infomation2.htm

| 更新のお知らせ,演奏会告知 | 19:13 | - | - |
新年のご挨拶2017
明けましておめでとうございます。
本年も,どうぞよろしくお願いいたします。


2016年の回顧

1月
・論文発表:「ジョン・ゾーン《コブラ》の作品概念」JASMIMジャーナル,Vol. 1,日本音楽即興学会
・ワークショップ:「音を出してあそぼうぜ!!」(共同ファシリテート:三宅珠穂,ボーダレスアートスペースHAP,広島)

2月
特になし

3月
・編曲作品初演:「散華楽」(藤井清水作曲作品,演奏:広島県立広高等学校音楽部,「藤井清水交流会」呉市文化ホール,広島)
・受賞:日本音楽即興学会賞(ジャスミン・ジャーナルvol.1掲載の原著論文における「ジョン・ゾーン『コブラ』に関する研究」の業績に対して)
・紀要論文発表:「音楽科の特性に応じた思考を育むカリキュラムの開発(IV) ―音楽表現を素材として扱う協働的創作活動」(共著:圓城寺佐知子・圓城寺佐知子・天野紳一・寺内大輔・権藤敦子,共同研究者:森保尚美・加藤沙世子・藤中俊樹)広島大学学部・附属学校共同研究機構研究紀要, 第44号
・紀要論文発表:「児童の得意な表現を手がかりとした創作活動のための学習材の開発―ジョン・ゾーンの作曲手法を参照して」(単著)初等教育カリキュラム研究,第4号

4月
・演奏:即興演奏,絵本の読み聞かせ,『ザ★マルマチショー』(キヲクの空箱,広島)

5月
・運営参加:「エリザベト音楽大学同窓会呉支部によるエリザベトコンサート―音楽は心の架け橋」(呉市文化ホール,広島)

6月
・審査:「第33回中国ユース音楽コンクール《ピアノ部門》予選」
・ワークショップ:日本音楽表現学会「「やってみたい表現」を出発点にしたコラボレーション作品をつくろう―《ステージ》の方法を用いて」(拓殖大学北海道短期大学,北海道)
・シンポジウム司会:「人間の声を聞く―人が歌うとき」(シンポジスト:佐々木正利・小西潤子,拓殖大学北海道短期大学,北海道)

7月
特になし

8月
・研究発表:博士論文成果発表会「ジョン・ゾーン《コブラ》の研究―即興演奏を素材としたコラージュとゲームをめぐる考察」(九州大学西新プラザ,福岡)
・旅行:ヤマハ音遊人主催「管楽器づくしの旅 2016〜管楽器の歴史を学び、工場見学や演奏を楽しめる特別ツアー」(浜松)
・楽譜出版(編曲作品):「散華楽」(藤井清水作曲作品,藤井清水音楽祭実行委員会(呉市文化振興財団・呉市藤井清水の会),広島)

9月
・企画と演奏:即興演奏,「in C (Terry Riley)」『ミニコンサート in ガレン―Sokkyo!!』(共演:Enrico Bertelli・三宅珠穂,冨村憲貴,仲祐奈,二葉知泰,岡崎朱夏,灘正歩,近藤莉乃,村岡美智子,村岡康子,ガレンホール,広島)
・ワークショップ:「小学校音楽科指導における器楽指導の工夫―表現手段のひとつとしての楽器」『土曜開館特別セミナー』(広島市教育センター,広島)
・審査:「第35回入船山記念館塔時計旋律募集」(入船山記念館,広島,12月まで)
・オーガナイズ・運営:「CMF,クリエイティヴ・ミュージック・フェスティバル2016」(エリザベト音楽大学,広島)
・ワークショップ:「多様性を大切にしたステージづくり」(CMF,クリエイティヴ・ミュージック・フェスティバル2016,広島)
・レクチャー:「実験的な合唱団を観よう」(CMF,クリエイティヴ・ミュージック・フェスティバル2016,広島)
・シンポジウム司会:「合唱の未来」(パネリスト:Thomas Johannsen・若尾裕・寺沢希,CMF,クリエイティヴ・ミュージック・フェスティバル2016,広島)
・九州大学大学院芸術工学府を修了,博士(芸術工学), Ph.D. in Design の学位を受領。

10月
・学会出席:日本音楽教育学会(横浜国立大学,神奈川)

11月
・研究発表:日本音楽即興学会「即興に即興でオーダーするII」(川崎医療福祉大学,倉敷)
・ワークショップ開催「フリープレイ」,講師:スティーヴン・ナハマノヴィッチ,通訳:若尾裕(広島大学,広島)

12月
・研究授業:呉市立豊小学校5学年「表現の遊びをしよう」

**********************
2017年もがんばります。
どうぞよろしくお願いいたします。

↓クリックして頂けると大きくなります。
| 日々の出来事 | 23:54 | - | - |
ご報告と御礼:学位を授与されました
私の一身上のご報告および関係の方々への感謝を申し上げます。

このたび,社会人学生として密かに在学していた九州大学大学院芸術工学府を修了し,博士(芸術工学), Ph.D. in Design の学位を授与されました。

2009年に入学し,3年間の休学期間も含め7年半の長期間在籍していましたが,その間,結婚や就職など,人生の転機もありました。研究に関しては,テーマさえなかなか決まらず,何度も挫けそうになりましたが,多くの方々からのサポートのお陰で,なんとか最後まで論文を書き上げることができました。お世話になったすべての方々に,心より感謝申し上げます。

なお,博士論文の題目は「ジョン・ゾーン《コブラ》の研究―即興演奏を素材としたコラージュとゲームをめぐる考察―(Study on John Zorn's "Cobra": focusing on collage and game activities using improvisation)」です。

今後も,どうぞよろしくお願いいたします。



| 日々の出来事 | 18:23 | - | - |
藤井清水に関する特集「市制だより くれ」
「市制だより くれ」の2016年10月号に,藤井清水に関する特集が掲載されています。
坂田明,坪北紗綾香,寺内大輔と,呉市内の中学・高校生の短いインタビューが載っています。
呉市以外にお住まいの方でも,インターネットで読めますので,興味のある方はぜひどうぞ。

市制だより くれ
https://www.city.kure.lg.jp/soshiki/31/shiseidayori20160910.html
| 作曲 | 22:27 | - | - |
ジョン・ゾーン《コブラ》の作品概念
拙稿「ジョン・ゾーン《コブラ》の作品概念」が日本音楽即興学会の学会誌『ジャスミン・ジャーナル』創刊号に掲載されましたのでご報告いたします。
ジャスミン・ジャーナルは,ウェブで公開されており,即興学会の会員でなくても読むことができます。

日本音楽即興学会
http://jasmim.net/category/jasmim-journal/
| アート | 12:17 | - | - |
新年のご挨拶2016
明けましておめでとうございます。
本年も,どうぞよろしくお願いいたします。


2015年の回顧

1月
特になし

2月
・小学校での研究授業:「即興表現のゲーム」(広島市立広瀬小学校4年1組,広島)

3月
・ワークショップ:「音を出してあそぼうぜ」(共同ファシリテート:加藤沙世子・加藤栞,くちたにこにこくらぶ,広島)
・紀要論文発表:「音楽科の特性に応じた思考を育むカリキュラムの開発(III)―創造的思考の相互交流から音楽表現へ」(共著:圓城寺佐知子・森保尚美・重光浩恵・権藤敦子・寺内大輔,共同研究者:明道春奈,加藤沙世子)広島大学学部・附属学校共同研究機構研究紀要, 第43号
・紀要論文(実践報告)発表:「学校における〈演奏展示〉の可能性―AR(拡張現実感技術)を活用した動画展示物の試作をとおして」(共著:加藤沙世子・明道春奈・寺内大輔)初等教育カリキュラム研究,第3号

4月
特になし

5月
・演奏「ハートフルコンサートin尾道」(共演:友滝人史・三宅珠穂,尾道市民センターむかいしま,広島)

6月
・審査:「第32回中国ユース音楽コンクール《ピアノ部門》予選」
・研究発表:日本音楽表現学会「ジョン・ゾーンの《コブラ》演奏における奏者間のコミュニケーション―個人的音楽価値観の相対化の装置として」(沖縄県立芸術大学,沖縄)
・作品再演:「耳の音楽」(2003年作品,演奏:今村俊博)『今村俊博×池田萠 vol.2「祝祭」から「内省」へ』(Living Gallery & Space MAREBITO,東京),(パルル/parlwr,名古屋)
・企画と演奏「Jaap Blonk 広島公演―人類最強ヴォイスパフォーマー阿蘭陀ヨリ来タル」(共演:Jaap Blonk・丸町年和・國本文平・加藤和也・三宅珠穂,広島市東区民文化センター,広島)

7月
・レコードコンサート:「異端の衝撃―アウトサイダーアート的な音楽」(広島市映像文化ライブラリー,広島)
・ワークショップ:香小研仲善支部夏季研修会(音楽部会)「音遊び・音楽づくりワークショップ」(まんのう町立長住小学校,香川)

8月
・演奏:「被爆70周年 慰霊のための音楽奉献 “Music Offering”」(平和記念公園,元安川親水護岸,広島)
・観光旅行:金沢
・ワークショップ:大竹市・廿日市市教育研究会小学校部会音楽部研修会「鍵盤ハーモニカの活用」(廿日市市立大野西小学校,広島)
・演奏:「安楽寺夏の集い」(共演:三宅珠穂,安楽寺,広島)
・論文発表:「児童の多様な表現を引き出す即興的表現活動の可能性―ジョン・ゾーン《コブラ》(アマチュア版)の制作と小学校音楽科における実践」『音楽教育実践ジャーナル』 Vol. 13,no.1,日本音楽教育学会

9月
・オーガナイズ・運営:「CMF,クリエイティヴ・ミュージック・フェスティバル2015」(KOKO Plaza,大阪)
・ワークショップと演奏:「ジョン・ゾーン《コブラ》(アウトロー版)」(CMF,クリエイティヴ・ミュージック・フェスティバル2015,大阪)

10月
・研究発表:日本音楽教育学会「ジョン・ゾーン《コブラ》(アマチュア版)の実践の教育的意義―学級担任の視点から」(シーガイア・コンベンションセンター,宮崎)
・ワークショップ:「音楽づくり」(越谷市立川柳小学校,埼玉)
・講評:第62回呉市小学校連合音楽会(呉市文化ホール,広島)
・詩のボクシング選抜式・全国大会出場:1回戦でくんじろうに敗退。その後敗者復活選手に選ばれるも坂倉夏奈に敗退(岐阜)
・研究発表:日本音楽即興学会「集団即興演奏の進行を司る役割のあり方―ジョン・ゾーン《コブラ》の〈プロンプター〉とローレンス・D・ブッチ・モリス《コンダクション》の〈コンダクター〉の相違に着目して」(神戸大学,神戸)

11月,12月
特になし


**********************
2016年もがんばります。
どうぞよろしくお願いいたします。


| 日々の出来事 | 13:02 | - | - |
速報:CMF2015
CMF2015のテーマ,日程,場所,ゲストが決定いたしましたので,お知らせいたします。
皆さん,すぐにスケジュール帳にメモをお願いします。

CMF2015
テーマ:ゲームピースやろうぜ!
日時:2015年9月26日―27日(土日)
場所:ココプラザ(大阪市東淀川区東中島1-13-13)
ゲスト:寺尾孝太,橋本知久,若尾裕,寺内大輔

内容:
ジョン・ゾーンの《コブラ》(裏切りヴァージョン),ブッチ・モリスの《コンダクション》のほか,ジョン・スティーヴンスやトレヴァー・ウィシャートなどによるゲームピースを,参加者全員で演奏しまくりましょう。フェスティバルの最後には一般公開のコンサートも予定しています。全くのドシロウトから経験豊かな方まで,どなたでも参加大歓迎。お申込方法等,詳細につきましては,追ってお知らせいたします。
| 更新のお知らせ,演奏会告知 | 23:37 | - | - |
新年のご挨拶2015
明けましておめでとうございます。
本年も,どうぞよろしくお願いいたします。


2014年の回顧

1月
特になし

2月
・コンサート出演:「ジョン・ゾーン《コブラ》」(九州大学・大橋キャンパス・多次元ホール,福岡)

3月
・作品発表(初演):《地層》「大井浩明ピアノリサイタル」(演奏:大井浩明,福山リーデンローズ,広島)
・紀要論文発表:「音楽科の特性に応じた思考を育むカリキュラムの開発(II)―小学校低学年を中心に―」(共著:森保尚美・圓城寺佐知子・権藤敦子・寺内大輔)広島大学学部・附属学校共同研究機構研究紀要, 第42号
・紀要論文発表:「変則チューニングによるギター伴奏の可能性 : ギター未経験の教員志望学生を対象とした伴奏指導実践を通して」(共著:寺内大輔・明道春奈)初等教育カリキュラム研究,第2号

4月
・准教授に昇進

5月
・詩のボクシング選抜式・全国大会出場:初戦を突破したものの2回戦で松永天馬に敗れベスト8(北海道)

6月
・家事:自宅の壁の一部に漆喰を塗ってリニューアル
・研究発表:日本音楽表現学会「ジョン・ゾーンの《コブラ》の演奏における拘束性」(帝塚山大学,奈良)
・審査:「第31回中国ユース音楽コンクール《ピアノ部門》予選」

7月
・作品発表:「スコア・スクローラー」『野村誠の音楽室』(9月まで展示,広島市現代美術館,広島)

8月
・ワークショップ:「音楽づくりワークショップ」(福岡)
・ワークショップ:「おんがく探検隊」(広島市映像文化ライブラリー,広島)
・ワークショップ:「音と遊ぶワークショップ」(共同ファシリテート:権藤敦子・明道春奈・加藤沙世子,呉市立白岳小学校たんぽぽ学級,広島)
・手術:ふともものできものを切除
・コンサート出演:「即興演奏ほか」『野村誠の音楽室』(広島市現代美術館,広島)
・ワークショップ:「創作」『福山市学校教育研究団体連絡協議会中学校音楽研究会夏季研修会』(広島)
・コンサート出演:「即興演奏」『Creative Music Festival 2014 前夜祭』(MEDIA SHOP,京都)
・オーガナイズ・運営:「CMF,クリエイティヴ・ミュージック・フェスティバル2014」(京都芸術センター,京都)
・作品発表:「おっさん蛇口」『CMF,クリエイティヴ・ミュージック・フェスティバル2014』(京都芸術センター,京都)

9月
・インターネットラジオ出演:アサヒ・アートスクエア「スクエアわいど」(広島からSkype出演)
・演奏とワークショップ:「即興演奏」(共同ファシリテート:平田裕子・三宅珠穂,呉市立川尻小学校,広島)

10月
特になし

11月
・研究発表:日本音楽学会「J. ゾーン《コブラ》の演奏における奏者間の関係性」(九州大学,福岡)
・コンサート出演:日本音楽学会「テリー・ライリー《in C》」(九州大学,福岡)
・講演:「音楽の話をしよう」『呉こどもNPOセンターYYY おとな塾』(広島)
・体調:風邪が長引く(一ヶ月近く)

12月
・研究発表:日本音楽即興学会「ジョン・ゾーン《コブラ》の作品性」(京都精華大学,京都)


**********************
2015年もがんばります。
どうぞよろしくお願いいたします。

| 日々の出来事 | 17:43 | - | - |