フード・ドリンク通販


-天気予報コム-




SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES














OTHERS

寺内大輔の日記

寺内大輔のサイトに戻るには、画面左の、「寺内大輔のページに戻る」をクリックしてください。
好きな映画
東京物語(小津安二郎監督作品、1953年)を観た。
これまで小津安二郎作品を観たことが一度もなかったので、かねてから観たかった。
予想以上に素晴らしかった。

DVDを貸してくれたのはオランダ人の友人だ。彼だけでなく、これまでも何人かオランダで小津安二郎のファンに出会った。「君は日本人なのに小津を観たことがないのか?」
と驚かれたこともある。私が興味を持ったのも、そういう友人の影響が大きい。

機会があれば、他の小津作品も観てみたいと思う。


東京物語のDVDを貸してくれた友人と、好きな映画について話し合った。
私はもともと、あまり頻繁に映画を観る方ではない。
これまでに観た映画の数も少ないだろう。それにしても「心から良いと思った映画(自分的に95点以上)」となると、極めて少ない。
以下に思いつく作品をざっと挙げてみよう。



アマデウス
下妻物語
ショーシャンクの空に
砂の女
天空の城ラピュタ
時計仕掛けのオレンジ
ナヴィの恋
ノーマンズランド

今回観た東京物語を含めても僅か9本。

私がこれまで観た映画の数を、仮に400本とすると(年間およそ15本で計算、レンタルビデオ等も含む)、心から良いと思う映画に遭遇する確率はおよそ40分の1ぐらい、ということになる。
| 映画 | 03:03 | - | - |