フード・ドリンク通販


-天気予報コム-




SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES














OTHERS

寺内大輔の日記

寺内大輔のサイトに戻るには、画面左の、「寺内大輔のページに戻る」をクリックしてください。
<< 山田岳さん、おめでとう!! | main | 録画公開:三人姉妹〜ヴァイオリン、ギター、ピアノのために〜 >>
楽譜「糸〜3本のクラリネットのために〜」インターネットで買えます。
拙作、「糸〜3本のクラリネットのために〜(Thread for 3 clarinets)」の楽譜が、ネットで手軽に買えるようになりましたので、ご案内申し上げます。

本楽譜は、オランダのDONEMUS社(現・MCN, Muziek Centrum Nederland)より発売されています。DONEMUSからMCNに移行したことにより、ネットで手軽に楽譜が注文できるようになりました。

ここです。
http://webshop.mcn.nl/portal/catalog/mcn_productlist.php?work=324962&language=en

私の名前が「TERAUCHI, DAISUKU」になっているのは、まあ、気にしないでください。

お値段
PDFダウンロード版 EUR 7.77
ハードコピー版(B4サイズ)EUR 11.10
スタディスコア (A4サイズ) EUR 9.03
ポケットスコア (A5サイズ) EUR 6.34
送料は、20ユーロ程度です。


クレジットカードで注文できます。
注文からおよそ2週間で届くようです。

この作品は、1998年に作曲したもので、私の大学院修了作品でもあります。
エリザベト音楽大学大学院修了演奏会で初演された直後、エリザベト音楽大学新人演奏会で再演されました。私の初めてのCD「糸〜寺内大輔作品集I」に収録されています。
1999年には、東京で開かれた「作曲フォーラム99」のプレゼンテーション作曲家公募に選ばれ、2007年には、オランダ映画「Wat blijft beweegt」(Albert Elings監督)のサントラとしても使用されました。

曲の冒頭が、寺内大輔ウェブサイトで試聴できます。
http://dterauchi.com/shichou.htm

作品解説:
 1本の旋律楽器で2声を表現しようとしたことから着想した。3本のクラリネットでは最大6声部の多声的な書法が実現される訳である。
 しかし複雑に絡み合う6声の旋律は、いつも多声的な音響になるとは限らない。時にそれは(多声的と言うよりも)全体でひとつの響きを作っているようにも聴こえるかもしれない。音響は常に、しかし穏やかに変化してゆく。
 ほぼ全体にわたって一貫した同じ書法の中で、聴こえ方の変化を導くこと---例えるなら、騙し絵のように視点を変えることによって同じ絵の中に違ったものを見い出すような---は、この作品の主な興味のひとつとなっている。
 その変化の様子を糸に例えて、このタイトルがつけられた。複数の糸は、もつれたり、ほどけたり、意図的に並べられたりして、その様を変えていく。



さて、あらためまして、皆様にお願いがございます。

お願いその1、クラリネット奏者の皆様へ:
ぜひこの曲を演奏してください。1999年以来、再演の機会がなくてさみしいです。

お願いその2、音楽大学の学生さん、教員の皆様へ:
通学・通勤されている大学の図書館に、購入希望を出してください。

お願いその3、その他の皆様へ:
お知り合いのクラリネット奏者の方々にお薦めください。


写真1:
なぜ、こんなにも様々なサイズがあるのかは、私にもよくわかりません。サイズは違っていても、中身は同じです。



写真2:
オランダ映画「Wat blijft beweegt」(Albert Elings監督)の一場面
| 作曲 | 22:31 | - | - |